まったーりん日記

羊毛とウニとカニが大好きなかあさんがプロのフェルト作家を目指す物語

わすれもの

娘がですね

今日の初めての習字の授業をすごく楽しみにしてたんですよ

 

今時の習字のバックってたくさんの中から選べて、自分が選んだのはみんなのとちょっと違うんだ〜

 

なんていってウキウキしてたんですよね

 

朝に弟たちを幼稚園のバス停に送った時、娘の同級生が習字バック持って登校してるの見て

 

あれ、あの子持ってってたかな?

ずいぶん身軽に見えたけどランドセルに入れたのかな

 

急いで家に帰ったら、昨日の夜に

 

忘れないようにここに置いておく!

 

って言ってた場所に習字バック寂しそうに置いてありました

_| ̄|○ il||li

 

忘れ物は届けないように、取りに家にも帰らないように

 

と学校から言われてて

↑忘れ物しても〓問題が起きてもなんとかできる精神を育むためだったかな?

 

5分先の学校に届けたいしかもなんなら3年生は1階だから窓からこっそり渡したい気持ちまんさいのまったーりん

 

あ、でも自分も学生時代絶対にその日に出さなければならないレポート(出さなければ単位落とされるレベル)を自宅の机の上に忘れないように置いてそのまま忘れたことがあったな!!(親子だな)

その時は車で片道40分の道を友人が送ってくれて助かったんだった

 

なんとかこの壁を乗り越えて元気に帰ってきてほしいと切に願うまったーりん

 

ちなみに昨日はふでばこまるごと忘れて行った娘よ

帰ってきたら忘れ物対策を一緒に考えようではないか

 

今日は1日習字バックの呪いに脳内占領されそうなまったーりんでした

 

天気がよいので今からオネショされたものたちを干しましょ

 


f:id:bohtea:20210609091814j:image

お庭は野草達が咲きほこってて洗濯が気持ちいい〜季節がやっと到来した様子