まったーりん日記

羊毛とウニとカニが大好きなかあさんがプロのフェルト作家を目指す物語

1行日記

小学校3年生長女の夏休みの課題に1行日記があります

 

1年生の頃は最後まで真っ白で、夏休み最終日にまったーりんに文句を言われながら泣きながら書いていた娘

 

3年生にもなったもんだから

まったーりんはもう何も言うまいと

課題についてはほったらかし

 

もし忘れてもそれは本人の失敗としてきっと

この先の人生に必要なことなのだと

 

と達観風を装って

チラチラ課題の進捗をみてましたが

 

これやった?

 

というセリフがもう歯のすき間からもれそうなのを必死に口を閉じて

 

チラチラみてました

 

 

そんな今朝

 

おかーさんみてみて

あたしの1行日記

 

 

おお!

 

毎日かいてるやん!

よましてー(´ω`)

 

○月☓日

家族で夜ふかしをしてオリンピックの開会式を見ました、火の炎がきれいでした

 

○月△日

自由研究が完成して、母に見せたらすごく褒めてくれて嬉しかったです

 

○月□日

ホームセンターで新しい浮き輪を買いました、プールで使ったらとても楽しかったです

 

な、なんか

大人にとって代わり映えのない暑い毎日ですが

子どもの視点からみたらいろんな出来事あるんだな〜

 

ちゃんと出来事と思ったことかいてるな〜

 

(´;ω;`)ブワァ

成長してるなぁ

 

なんか朝から感動しました。

感動をありがとうね

 

ちなみに

出来上がった自由研究というのがこちら

 


f:id:bohtea:20210805095748j:image

 

夏のアイテムをプラバンで作り

自分でビーズでデコした

モビール

 

うんうんうん

まったーりんの血を脈々と受け継ぎ

ものづくりが大好きな

娘のお話でした

 

余談ですがまったーりんの祖母は既に他界してますが木彫りの先生でした、叔母はパッチワークのいまもなお先生をやっております。

 

きっとこういう血は

昔から受け継がれてきている

ものなんですね

 

#羊毛フェルト#ものづくり#一行日記