まったーりん日記

羊毛とウニとカニが大好きなかあさんがプロのフェルト作家を目指す物語

娘の読んでいる本

娘の学校は朝読書という週間があり

 

家から持ってきた本や、図書館で借りた本を朝自習時間に読む曜日があるのですが

 

結構前に

おかあさんモモっておもしろそうだから買って

 

といわれ、

 

モモってミヒャエルエンデの?

 

うんうん

 

あー…(まったーりんが小学生時代読むの途中であきらめたやつだ)

 

(そのあきらめた本が)おばあちゃんちにあると思うから今度行ったらかりてこようか!

 

と言って、かりてきたところ1ヶ月くらいで読み終え

 

モモおもしろかった!おかあさんもお父さんも読んで

ミヒャエル・エンデって昔役者さんだったんだよ

と言われました

解説まで読み切るのが娘流

 

そして一緒に実家から持ち出してきた

果てしない物語

同じくミヒャエル・エンデ

 

を読み出し、夏休みの今もパラパラ読みすすめていますが朝読書の時間に学校で読んでると

 

周りの男子に

 

うわっ

なにそれ

辞書じゃん

 

 

と、突っ込まれるようです笑

そんな厚い本自分から楽しんで読めるなんてすごいなぁ

とまったーりんは心底尊敬なのです

 

この読書力まったーりんの姉である娘の叔母に似ている

非常に似ている

という話を家族ラインで話したら

 

読み終わったら

鏡の中の鏡をおすすめしておいて

 

と姉に言われたのでそのようにしたいと思います。

今日は小学4年生の娘が読んでる本の紹介でした❥

 

子ども達へは3人ともほどよく絵本を読んでやりましたというかまだ読んであげてますが、その先本が好きになるのとならない違いは一体なんなんだろう…という疑問をもちながら夏休みは続く…

 

 

#育児日記